ね こ と暮 ら す

リ ノベ

| と暮らすリノベーション!?

猫と暮らすためのリノベーションと聞くと、猫の為だけにそんな贅沢なことする人がいるの?って思う方も多いかもしれません。

 

でも考えてみてください。

 

ご自身の赤ちゃんが生まれたら家具の安全面やお世話のしやすさ、赤ちゃんが快適に過ごせているかなどとても気を使うものですよね?​

猫はペットであると同時に皆様の大切な家族です。例えば、猫が快適に感じる温度は人よりもやや低い方が良い(種類や年齢、個体によっても異なります)と言われます。

また、人の目線よりも高い所やすっぽりと隠れられるスペース、外を眺められる窓や冷たい場所・暖かい場所など様々な刺激を得られる空間が猫の長生きにつながるとも言われます。

 

猫は気分次第で快適なスペースを自ら探して過ごします。皆様の大切な家族である猫が快適に長生きできる空間になっているのか、今一度ご自宅を見直してみてはいかがでしょうか。

| に必要な運動とは?

猫は一日10分程度の運動で十分というお話しもありますが、わんちゃんとは違い上下運動が必要になります。運動不足が続いてしまうと、体の機能が早く衰えてしまい早期老化を招いてしまう原因にもなります。

猫を飼育するにあたり、最低限キャットタワーや代用できる家具を用意してあげるなど、十分な運動ができるよう配慮しましょう。

| は高い場所が大好き

猫の飼い主さんであれば当然ご存知だと思います。猫はとにかく高い場所が大好き。

街中を歩いていても高い塀や車の上でウトウトしていたり、人や他の猫を眺めている猫ちゃんをよくみかけるものです。

猫はそもそも野生の動物で警戒心が強い動物です。

家の中でたまに見えない敵と戦っていることもありますよね!?

 

猫が高い場所に登る理由としては、外敵を早期発見する為だったり外敵からなるべく気付くかれないでリラックスをする為に本能で高い場所を選んでいるそうです。

いくら家の中から出たことがない飼い猫ちゃんであっても、本能行動を制御されてしまっては大変なストレスであると考えられます。高い場所でゆっくりできる環境を作ってあげることも実は猫と暮らす上で大切なポイントになります。

ただし、高齢猫を飼育されているご家庭であったり高い場所に登るのが苦手な猫もいますので、猫のコンディションや性格を考慮したうえでキャットタワーの設置について十分に検討する必要があります。

| の移動は大丈夫?

そもそも家は人が快適に暮らすために設計されています。たまにジャンプをして自らドアを開け、違うお部屋に移動してしまう優秀な猫もいますが、基本的には自分自身で開閉することができません。​​

​「猫は気分屋」とよく言われますが、えっ!?なんでそんな所で??と私たちも全く想像がつかないような場所で寛いでいることがしばしばあります。私としては狭い家の中でも、できる限り自由に過ごさせてやりたいと考えております。

各部屋を自由に往来できるように猫専用のミニドアを設置することで猫の好奇心が刺激されると共に、トイレをリビングとは別室に設けることが可能になります。猫も落ち着いて用を足せますし、お食事中に猫ちゃんの「う〇ち」の匂いが届いてしまうことも回避できます!また、冒頭でも記載した通り、人にとっては快適な室温であっても猫にとっては不快な場合もあり、そんな時にも自由に違うスペースへ避難することができます。

| ニオイ対策

物件のオーナーさんや猫を飼った事が無い方には本当によく質問されることなのですが、「猫はニオイが凄いんでしょ?」と言われます。

 

これは大きな勘違いで、実はワンちゃんほど体臭も強くなく種類によってはほとんど無臭に近いです。実際、弊社代表の江元とルームシェアをしている3ニャンズも一日太陽の下で干したお布団のような香り!?でほとんど匂いがしません。

 

猫は「超」が付くほどの清潔好き。起きている時は一日中と言っても過言では無いくらい体を念入りにグルーミングしております。

では何が匂うのか?と言いますと、猫のオシッコの臭いが鼻につくと言われます。最近のトイレシートはかなり進歩しており、一週間ほど使ってもあまり匂いがしないものなどがありますが、完全に無臭にはできません。

どうしても気になってしまうという方には、消臭タイプの壁紙がオススメです。

いくつかのカラーやデザインからお選びいただけます。

| 爪とぎ対策(壁紙・網戸)

猫は爪のセルフケアやマーキング、ストレス発散などで爪とぎをします。必死に爪をといでいる姿はとてもかわいいものですが、お部屋の壁紙でやっていると冷や汗ものですよね。

爪とぎをいろいろな場所に設置することで壁や木材で爪をとぐことはある程度防止できますが、中にはどうしても壁紙等でやってしまう猫もいると思います。簡単な方法として保護シートを上から貼り付ける対策がありますが、見栄えがちょっと気になるものです・・・。

見栄えよく爪とぎ対策するには、猫の手が届かない高さまで凹凸の少ないツルっとした壁材にしたり、ペットの引っかきキズにも負けない耐久性の強い壁紙の使用がオススメ。消臭タイプの壁紙同様、数種類からお選びいただけます。また、汚れにも強いので清潔に保つことができます。

また、網戸も猫にとっては最高の爪とぎアイテム。中には爪を引っかけてよじ登ってしまう猫もいますよね。網戸にも強度の強い製品がありますのでご相談ください。

| フローリングの傷対策

猫の場合、それほど目立つようなキズはフローリングには付きにくいですが、中には興奮して走り回ってしまい傷だらけにしてしまう猫もいます。特に濃い色のフローリングは目立ってしまいます。

こちらもキズが付きにくい材質や消臭効果のある床材がありますので、長期間きれいな状態を維持していきたい方はご検討ください。

| 飛び出し防止柵

仕事を終えて夜遅くに自宅へ帰ると、カギを回す音を聞いて玄関前まで迎えに来てくれる猫の姿はたまりませんね。

一日中お留守番をしていて早く会いたかったよ!とお迎えに来てくれていると勝手に思い込んでいますが(ただゴハンが欲しいだけ?)、勢いあまって外に飛び出してしまっては大変です。一度自分のテリトリーを離れてしまうと、なかなか帰ってこれない猫ちゃんも多いのでしっかりと飛び出し対策をしましょう。

また、玄関には飼い主である私たちの靴によって運び込まれたウイルスや病原菌が付着していたりします。

完全室内飼いであっても予期せぬ感染症にかかってしまうケースがありますので、そういった意味でも玄関へ侵入できないように心がけましょう。

​あまり高い所までジャンプしない猫であれば、市販の子供用ゲート等で代用できますが、簡単に飛び越えてしまうような活発な猫の場合、フルサイズの脱走防止柵を検討しましょう。

| 猫も人も楽しく過ごせる幸せなお部屋を!

 

飼い猫ちゃんが楽しそうに遊んでいる姿や気持ち良さそうに寝ている姿、そして一番重要なのは健康で元気に過ごしている姿を見るのは飼い主の私たちにとっても大変嬉しいことです。また、クリアタイプのキャットウォークやキャットステップでは、普段見られない構図で猫ちゃんを眺めることができます。

猫共生型へのリノベーションで、大切な飼い猫ちゃんとの距離をさらに縮めませんか。

もちろん、一戸建て、アパート、マンション問わず対応いたします。

どんなに些細なことでもお気軽にお問合せくいださい。

猫ちゃんのことやお客様のご要望をしっかりお聞きした上で、最適なリノベーションをご提案いたします。

| リノベーション例

【基本プラン①】30万円~

・収納付き(オーダー可)キャットタワー

​・キャットウォーク 6m以内(オーダー可)

・キャットステップ×9

・天井補強キット×3

【基本プラン②】20万円~

・キャットウォーク4m以内

・キャットステップ×6

​・天井補強キット×2

【基本プラン③】15万円~

・キャットウォーク4m以内

・天井補強キット×2

【基本プラン④】5万円~

・賃貸住宅入居者用キャットタワーセット

※壁に傷を付けづに自由な配置でキャットタワーを設置できます。

【カスタム】

・キャットウォーク追加 ・キャットステップ追加 ・強化ガラスキャットウォーク(クリアタイプ)

​・猫用扉(トンネル)の設置 ・キズに強い壁紙 ・消臭壁紙 ・ペット向けの床材 

・脱走防止柵オーダー ・キッチン侵入防止柵オーダー ・その他

※取付工賃は別途。まずはお気軽にお問い合わせ、お見積もりをご依頼ください。

ミナシアプリジェクトごうど合同会社 nekofu中目黒 来店予約